ミュージシャン・nao「全ては私の力不足」 “おかもとまり”岡本麻里さんとの離婚報告

旬な離婚ニュース

音楽プロデューサーでミュージシャンのnao(本名:菅原直洋 39)が4日、自身のブログを更新。元ものまねタレントで現在、起業家として活動する岡本麻里(旧芸名:おかもとまり 30)さんと2018年に離婚していたことを報告した。

 naoは「一部の関係者や、近しい方には既にお伝えしていたのですが、この度私、菅原直洋は、岡本麻里さんと2018年に離婚していました事をご報告いたします」と伝え「離婚に至ったのは、前妻との家族関係に関して、私が麻里さんを十分にケアできなかったことで、彼女に多くのストレスを与えてしまったことが原因であり、彼女に何ら原因や責任はございません」と説明。

 続けて「離婚のご報告が遅れましたことは、上記が理由で麻里さんに心労をかけてしまい、新たな生活を定着させる事を第一に考えた結果です」とし「離婚後もお互いを尊敬し合い、それぞれ進む道を応援することには変わりません。お祝いしてくれた友人、支えてくださった皆さまを裏切る形になってしまいすみません。全ては私の力不足です」と謝罪した。

 最後は「いつも支えてくださるファンの方々、友人、アーティスト、スタッフに感謝の気持ちをお伝えするとともに、より一層身を引き締めて参ります」とつづり「長文失礼いたしました。引き続き宜しくお願いいたします」と結んだ。

 2人は2015年4月に結婚。naoは前妻との子供がおり、当時、naoは「それを理解して結婚を決断したまりさんに心から感謝します」と思いを明かしていた。15年8月には男児が誕生した。

 岡本さんはピン芸人としてデビューし、女優の広末涼子の物まねで注目を集め、グラビアにも進出。18年3月にタレント業を引退することを発表。芸能活動から引退後は「岡本麻里」名義で「株式会社minto.」代表としてコラムサイト「minto.」の運営などを行う。

タイトルとURLをコピーしました