俳優のユースケ・サンタマリア(48)が妻(49)と昨年6月に離婚していたことを、27日放送のテレビ朝日「100まで楽しむつもりです」で公表した。

ユースケは「平成から令和にどうしても持ち越したくないことがあって。俺ね、離婚したんですよ」と爆弾告白。離婚したのは「去年の6月」と明かし、「その前10年別居してたの」と打ち明けた。

公表しなかった理由を「(妻は)一般の人だから、自分で発表するのもなんだし。例えば芸能人同士とかだったらファクスかなんか出すとか会見開くとか言うかもしれないけど、俺それ面倒くさいしする必要ないなと思って」と説明。「スッキリしたもん」と心情を吐露した。

ユースケは「俺は独身です。自由です。誰かと付き合ってもいいわけですよ。誰かと結婚してもいいわけで」と恋愛や再婚に意欲を見せつつ、「今したいことは、遊びたい!」とほえていた。

関係者によれば、離婚調停や裁判になるようなことがあったわけではなく、夫婦間の事情での離婚。付き合いが長く気心が知れていて、離婚も知っているスタッフが多い同番組での公表となった。

ユースケは2004年5月18日に13年間(広島・東京間の遠距離6年、同棲7年)交際した2歳上の一般女性と結婚。結婚発表会見では相手について「目がクリッとしていてムーミンのミーに似ている。よく笑う明るいかわいい子。料理上手」と述べ、「13年間一本やり」と自身のいちずさをアピールしていた。子供はいない。