「やっぱり彼氏を裏切れない」と浮気を思いとどまった理由9パターン

素敵な女性なら、たとえ彼氏がいても、異性からの誘惑は多いもの。モテる彼女を持つ人は、「女性がどうやって自分にブレーキを掛けるのか」を知っておくと、いざというとき役に立つかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「『やっぱり彼氏を裏切れない』と浮気を思いとどまった理由」をご紹介します。

【1】いつも「好きだよ」と言ってくれる、一途な彼氏の顔が浮かんだから
「尽くしてくれる彼氏を思ったら、浮気なんて無理…」(10代女性)というように、彼氏の愛を実感していると、信頼を裏切れないという気持ちが強まるようです。日頃からのストレートな愛情表現は、浮気防止効果もあるのかもしれません。

【2】記念日などに無関心な彼氏が、サプライズでプレゼントをくれたから
「職場のイケメンに目移りしていたとき、彼氏から突然花束をもらって感激。同僚は一気にかすんだ(笑)」(20代女性)というように、不意のプレゼントが浮気の芽を摘むこともあります。記念日などにマメでない男性ほど、サプライズを心掛けるとよさそうです。

【3】「浮気されたら絶対に別れる」が彼氏の口ぐせだったから
「彼は浮気を許さないタイプ。一度の気の迷いですべてが終わってしまうと思うと…」(20代女性)というように、日頃から浮気は許さない姿勢をアピールしておくと、彼女も軽率な行動を抑えられるようです。ただし自分自身も、浮気を疑われるような行動は厳に慎みましょう。

【4】彼氏を通じてできた友達の輪から外れたくなかったから
「浮気がバレて仲間からハブられたら辛い」(20代女性)というように、周りの人間関係を守るために、噂になりそうな行動を控える人もいます。友達と会うときは彼女を連れていくなど、積極的に仲間に引き込んではいかがでしょうか。

【5】「10年後、またここに来よう」など、付き合い始めた頃の約束を思い出したから
「付き合い始めた記念にタイムカプセルを埋めた。別れたら一緒に取りに行けなくなるなぁと思って」(10代女性)というように、出会った当時の約束が、「出来心」にブレーキをかけることもあります。ときどき「あのこと覚えてる?」と話題に出し、忘れていないことをアピールするとよいでしょう。

【6】家族のように迎えてくれる彼氏の両親を裏切りたくないと思ったから
「いつもよくしてくれる彼ママも失望させると思うと…」(10代女性)というように、家族との関係が、浮気の抑止力になるケースです。特に女性にとって彼ママは特別な存在なので、早めに紹介しておくとよいかもしれません。

【7】ケンカは多々あれど、彼氏に浮気されたことがなかったから
「浮気だけはしない彼氏だったから、私もそこはケジメをつけたくて」(20代女性)というように、男性が絶対に浮気をしないタイプであれば、彼女の中のハードルも自然と上がるようです。信頼感が決め手なので、約束は必ず守るなど、普段から信用してもらえる行動を心掛けましょう。

【8】普段通りの彼氏のメールで、現実に引き戻されたから
「別の男性と食事して、次どうしようか…というときに、日課の『帰ったメール』が来て我に返った」(20代女性)というように、「彼氏との日課」には、彼女の気持ちを現実に戻す力があるようです。寝る前、起きたときなど、定期的に連絡する習慣をつけておくといいかもしれません。

【9】浮気を疑いつつ黙っている彼氏の、苦しそうな表情を見たから
「私の帰りが不自然に遅くても『風邪引かないでね』としか言わない彼氏。罪悪感で、浮かれた気持ちも萎えました」(20代女性)というように、ひたすら耐えて待つ彼氏に良心を刺激され、浮気への興味が失せたケースです。ただ黙るのではなく、さりげなく愛情を伝えることがポイントでしょう。

一度でも浮気をされると、たとえその後やり直せたとしても、お互い辛い思いをすることになりかねません。最初から浮気しない、されない関係作りを心掛けましょう。(さのちあき/Office Ti+)