男性火だるま逮捕 “不倫”の上の浮気にキレた42歳女の過去

浮気・不倫
正常な精神状態ではなかったのか…(SNSより)
正常な精神状態ではなかったのか…(SNSより)

 動機は“不倫”の上の「浮気」だった。

大阪府堺市西区の商店街で、火だるまになったAさん(40代)が電器店に駆け込み、意識不明の重体になった事件。直前までAさんと一緒にいた交際相手の無職、斧裕子容疑者(42)が26日、弁護士に連れられて大阪府警西堺署に出頭し、殺人未遂の疑いで逮捕された。斧容疑者は19日午後5時半ごろ、商店街の路上に停車していた車内で、男性に火をつけて殺害しようとした疑い。

ただ、話はちょっとややこしい。

「斧容疑者には内縁の夫がいてるんです。つまりAさんとは“不倫関係”やったんですが、Aさんが、斧容疑者とは別にオンナをつくったもんやから、それに激高したっちゅうわけです。『あんた、ナニ浮気してんねん! 他のオンナを抱いた、その汚い体、消毒したるわ!』って言うて、バシャーっとエタノールをかけたそうです。ただ、斧容疑者は『私がしたんはそこまでや。殺そうとはしてへん。エタノールかけた後、(Aさんが)たばこにライターで火をつけようとしたら、燃え広がったんや』と、自分で火をつけたことは否認しています」(捜査事情通)

とはいえ、エタノールをかけられたAさんが、自らタバコに火をつけるとは考えにくい。しかも斧容疑者が事前にエタノールを購入して車に乗り込んでいることや、事件後、すぐに現場から逃走し、1週間、行方をくらましていたことから、西堺署は殺人未遂の疑いで捜査を進めている。

「車が停められていた現場の商店街は、斧容疑者の自宅のすぐ近く。車はAさんの所有ではなく、2人の共通の友人のものでした。実は、斧容疑者には薬物の前科がある。事件当時も正常な精神状態ではなかった可能性が高い。斧容疑者の内縁の夫は、どうやら“塀”の向こう側にいるようです。まあ、弁護士と一緒に出頭して来るぐらいですから、いろいろと慣れているのでしょう」(捜査関係者)

全身にやけどを負ったAさんは現在も意識不明の重体で、近いうちにDNA鑑定と指紋の照合を行い、身元を確認する予定だという。火だるまにして殺害しようとしたぐらいだから、よほどの恨みがあるのかと思いきや、ただの痴情のもつれとは…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました